フケ…古くなった頭皮が剥がれたもの。

しかし、アトピー性皮膚炎の場合は新しい皮膚も剥がれてしまうのです。

余談にはなるのですが、アトピー性皮膚炎を持っている方の頭皮の剥がれはフケとは言わないようです。ただ、見た目が同じなのでそう呼ばれてしまうのだとか。

ですから、ここではアトピー性皮膚炎の方の頭皮の剥がれを「ふけ」、健康肌の人の頭皮の剥がれを「フケ」と分けていきます。

自分はどっちだろうと思った方、今確認してみましょう。

健康な肌の人よりアトピー性皮膚炎の方のふけは大きい、かさぶたが混じっている、毛根ごと抜ける、ふけが厚い、重なっているなどの違いがあります。

当てはまった方はこれから対策を見ていきましょう。

 

頭皮が乾燥していませんか?

アトピー性皮膚炎の方の頭皮は、炎症が何回も起こることで皮膚の代謝(皮膚の生まれ変わり、表皮にある細胞が新しく作られること)がうまく行われず、肌が硬くなってしまっています。

その上に乾燥やかゆみなどのトラブルが起こり、頭皮が剥がれてしまいます。

特に乾燥はアトピー性皮膚炎にとって大敵です。

そのトラブルに効くことを下記に挙げていこうと思います。

 





ヘアケア、スタイリングを見直そう!

シャンプーが合わないとかゆみのもとになります。毛染め剤が合わないとかぶれることがあります。

アトピーになると肌質が変わるので、以前使っていたから大丈夫とは言えません。

合わないまま使い続けるとアトピーの悪化に繋がります。

もしかしたらと思ったら自分が使っているシャンプーやリンス、コンディショナーなどを見直してみましょう。

アトピーではなくシャンプーなどの刺激でフケが発生しているだけ、なんてこともありますから。

見直そうって言ったって何を見れば言いわけ?って思いますよね。

 

洗浄力がキーポイント

洗浄力が高いと清潔になるかと思いきや、皮脂を落とし過ぎて頭皮にダメージを与え、フケの発生を加速させます。

シャンプーに問題がなさそうな方、洗いっぱなしにしていませんか?

洗い終わった後、清潔なタオルで水分を拭き取り、ドライヤーで乾かす。ここまでしなければ完了ではありませんよ!

フケの原因であるマラセチア菌というカビが増殖するのです。

ドライヤーで乾かす時にも注意がありまして。早く乾かそうとか、カビを増殖させないためとか言って頭皮に直接風を当てないようにしましょう。

フケには乾燥が大敵なので。

 

紫外線療法?!

私は昔から肌が弱く、強い紫外線を浴びると何日も顔が真っ赤な状態が続き、炎症を起こしたことによりにきびがぶつぶつなります。

高校まで運動会がある夏場に赤くなり冬になってようやく赤みが引いていくような感じでした。

ずっと帽子を被っているわけにはいかないし、30分ほど紫外線に肌を晒しただけで既に肌が赤い、対策が思いつかず、真っ赤な顔で送る学校生活は恥ずかしかったです。

だから紫外線は肌に良くないと思っていたのですが、アトピー性皮膚炎に効果があるようです。

それはなぜなのか簡単に説明していこうと思います。

まずアレルギー反応とは、体にとって異物(菌やウイルス)を攻撃するだけでなく無害(食べ物や花粉)なものまで攻撃してしまって起こることです。

これは免疫細胞が異物を処理しきれなくなり体を守るために応援を呼んだのだが無害なものまで攻撃対象になってしまい、本来体を守る役目のはずが逆に傷つけてしまっているということです。

アトピー性皮膚炎とはアレルギー反応によっての皮膚の炎症です。

免疫細胞を減らすことでアレルギー反応が出ないようにすることが可能になり、アトピー性皮膚炎の症状が出ないようにすることが可能になりました。

これでかゆみはなくなるのですがデメリットがあります。免疫細胞を減らすという事は免疫力低下に繋がり、感染しやすくなります。

ここまで書いといてなんですが、最初に書いた私の経験談のようにやはり肌自体に悪影響を与えることは確かですね。

しかし、アトピー性皮膚炎にとっては必ずしも悪いとは言えないので、自分自身の体にあった治療をするべきとしかここでは言えないですね。

紫外線を浴びると炎症が悪化する方は紫外線対策をしましょう!

紫外線と言えばがんのリスクはどうなのか気になる方もいるかと思いますが、紫外線を用いた療法は100回くらいまでは気にしなくていいとなっているそうです。

 

薬剤を見直そう!

病院で処方された薬剤を使っている方も市販で買われた薬剤を使っている方も使用されている薬剤がステロイド剤かどうか確認してみてください。

アトピー性皮膚炎の治療にステロイド剤は使われますが、頭皮に対して使う場合は注意してください。

ステロイドは炎症に対して効果があるものです。

保湿をしてほしいところですが、乾燥への効果はありません。

処方されている方は医師にも治療計画というものがあるので使用をやめるのではなく、頭皮が乾燥していることを相談した方がいいかもしれません。

 

まとめ

1、 頭皮が乾燥していませんか?
2、 ヘアケア、スタイリングを見直そう!
3、 紫外線療法?!
4、 薬剤を見直そう!

何度も言いますが、「ふけ」であろうが「フケ」であろうが乾燥させないことが一番の対策、治療の鍵となっていきます。

この記事で少しでも悩んでいる方の救いになれたなら嬉しいですね!

 

シャンプー特集

僕のフケが一週間で治まったシャンプー

コラフルを実際に使ってみた感想

 





↓↓フケに悩んだ時間を取り返す記事↓↓