僕が昔、自慢できることは
フケの多さだけでしたが
もちろん誰にも自慢できませんでした。

どうも、元フケ界の伝説の守護神ヒロです。

フケって本当にいろんな悩みを
持ってきてくれますよね。

困ることばっかりです。

フケの悩みはつきませんよね。

黒系統の服が着れない
頭がかゆい
頭を触れない
整髪料をつけれない
帽子を被れない
周りの目が気になる
どんなシャンプーも意味ない
シャンプーした直後でもフケボンバー
夏の暑い日の汗とのコラボ
冬の寒い日は乾燥ですごい

さらっといっただけだけでもこんなに
出てきました。

僕は働きだしてから、
朝起きると枕に
めちゃフケが残っていることが

よくありました。

朝起きると枕がフケだらけ。

これは朝からやる気なくなりますよ〜。

そこで今回は
フケの原因とストレスの関係性について
考えてみました。

 

ストレスでフケが増大。フケとストレスに関係性はあるのか?

 

あるに決まってるでしょって話です。

まあストレスは、
どんな病気の入り口にでも
なり得ますから
フケが発生する原因になるのも
例外ではありません。

では、なぜストレスでフケが増えるのでしょうか?





もう簡単に説明しちゃいましょう!

 

・頭皮から油が出まくるホルモンバランスの乱れ。
乱れに乱れて脂性フケがこんにちはする。

・頭皮が固くなってしまい血行が悪化しちゃう。
その結果、必要な栄養分や水分が頭皮に
行き渡らず乾性フケさんこんにちは。

 

大きい要因はこの2つです。

つまり、
ストレスは脂性フケにも乾性フケにも
なり得る恐ろしい可能性を持っているのです。

恐ろしい。

恐ロシアですね。

僕の場合は、
仕事を始めた当初は結構フケが
出てきたことを覚えています。

新人の時って、
めちゃくちゃ覚えることが多いし、
必然的にストレスも溜まっていくものです。

忙しすぎて頭を洗う暇なんかないですからね。
(そんなことない。)

もっというと、
頭洗うことを考えてる暇は
ないですからね(そんなことは決してない)

さらにさらにいうと頭洗わなくても死なないから、
頭洗わなくてもいーやってなりますからね(普通の人は決してならない)

僕は長い間乾性フケで悩んできました。

頭皮が敏感で乾燥肌なんです。

緊張したりすると頭痒くなるし、
暑い日はめちゃかくし
寒いは感想ヤバすぎるし
フケには随分悩まされました。

それ自体もストレスでしたしね。

 

ストレスを解消すれば、フケは治るのか?

 

 

では、ストレスを減らせばフケはなくなるのでしょうか?

答えはNOです。

まず、人間生きていく上でストレスが
完全になくなることなんてないですよね。
当然ですが。

また、もしストレスを激減できたとしましょう。

じゃあフケはなくなる?

そんなわけないです。

確かにフケがなくなる
一つの要因ではありますが、
ストレス解消のみでフケはなくなりません。

ちょっとだけ減ることは
あるかもしれません。

仕事が忙しい時や、
やることがいっぱいある時などは
フケが多めに出ていた気がします。

でも僕の場合、
忙しさを理由にシャンプーを
適当にしていたことも原因でした。

なんかお風呂入るのも面倒くさくなっていました。

が、これは人間性の問題ですね(笑)

 

じゃあフケを根本的に治すにはどうすれば良い?

 

これはとても簡単な質問ですね。

頭皮の洗い方を変える
シャンプーの種類を変える

ストレスを減らすことより、
これらのことを行うほうが
よっぽど効果的で即効性があります。

でも、
もちろんストレスを減らす生活も目指すべきですね。

それにあっては、
フケが出るってのもストレスで、
そのストレスが原因でフケが出る。

もう素晴らしい悪循環ですね。

お金持ちは更に金持ちに。
貧乏人は更に貧乏人に。

って感じですかね。

ってことは、
フケをなくすことで
それに対するストレスがなくなり
フケがなくなっていく。

フケをなくせばフケがなくなるのです。

もう、哲学みたいになってきましたね。

要はフケ治せってことです。

 

まとめ

 

・ストレスはフケの原因になる
・でもストレスだけがフケの原因ではない
・大事なのはシャンプーの種類と頭皮の洗い方

 

ストレスを減るすことは大切ですが、
それ以上にシャンプーに対する知識を
手に入れるために勉強して、
根本的にフケを抹殺しなければ
輝く未来は見えてきません。

僕は現在輝く未来(フケのない)を
リアル満喫中ですので
フケストレスはありません。

早くシャンプー変えて洗い方覚えて、
フケを治して
フケストレスフリーの生活を
是非楽しんてください!

シャンプー特集

僕のフケが一週間で治まったシャンプー

コラフルを実際に使ってみた感想

 





↓↓フケに悩んだ時間を取り返す記事↓↓