小さな粉のようなフケがパラパラと肩に乗っている…。 毎日ちゃんとお風呂に入って洗髪しているのに、 どうしてフケが出てしまうのか?

私はお風呂から上がってドライヤーで乾かしてる時に フケが落ちたことがあります。 今洗ったばかりなのに!? 清潔にしているのにどうして!? と正直イラついた事も…。

人と接することの多い人は、 不快な印象を与えてしまわないか? と不安になってしまいますよね…。

フケにも、サラサラした粉のようなフケと
ベトベトした脂っこいフケの2種類あります。
脂っこいフケは脂性フケ。
乾燥したフケは乾性フケと呼ばれています。
どうしてフケが出るのか?
原因はなんなのか?
どうしたら出なくなるのか?
今回は、乾性フケをなくしたい人の為に
正しいケア方法を含めて
徹底的に調べたいと思います!

乾性フケの原因


頭皮は、顔や体と同じ構造の皮膚ですが、
他の部位とは違って毛穴(皮脂腺)が多く出来ています。
そして髪の毛で覆われている分、ケアがしにくく
雑菌が繁殖しやすいのです。
雑菌が繁殖すれば、
皮膚に刺激を与えてかゆみを生み、
ターンオーバーで自然に落ちるはずの角質が、

掻き毟ることで剥離されてしまったり…と、 頭皮の環境は悪化していきます。

そもそも『フケ』とは、
乾燥した頭皮の角質が剥離して落ちたものです。
乾性フケの原因は、文字通りの『乾燥』です。
脂漏性皮膚炎や皮脂欠乏症皮膚炎、
アトピー性皮膚炎などによる体質的なものでも
粉のようなフケが出ますが、
フケに繋がる乾燥の原因はなんなのか?

圧倒的に日常生活の影響が多いですね…。 という事は、ここに挙げられた乾燥の原因を 一つ一つ出来る事から減らしていけば、 フケを減少、更には発生しないように出来るかもしれません!!

外部からの刺激も、
夏の紫外線から頭皮を守るために通気性の良い帽子を被ったり、
冬は乾燥した空気から守るためにニット帽を被ったり、
エアコンの場合は温度差に気を付けて設定するなど、
出来る事はありますね!

難しいのは地肌環境。 皮脂の分泌量も、常在菌のバランスも、 自分の身体でも未知のもの…。 加齢による水分不足は自覚していても、 人によって水分量は様々です。



これら乾燥の原因を知ったところで、
今度はケアに繋がる話をしていきたいと思います!

乾性フケ用のシャンプーの種類








乾性フケに大事なのは、頭皮を乾燥させない事!
これは充分理解して頂けたかと思います。
次は、頭皮を乾燥させないために
乾性フケに効果のあるシャンプーの種類を
説明していきたいと思います!

● 刺激が少ないタイプ
● 皮脂を取りすぎないタイプ
● 乾燥を防いで潤いを与えるタイプ
● 原因菌を殺菌するタイプ(脂性フケ)

この4種類が主になってきます。
乾性フケの治療に大切なのは、
頭皮の刺激を避けて必要な皮脂を残し、潤いを与える事。
サラサラした脂性フケの場合は、
抗真菌効果のあるシャンプーが良いですが、
脂性フケ以外の人は、残りの3つを重要視してください。
シャンプーが頭皮に与える影響は大きく、
間違えてしまうとかゆみや炎症を起こし、
頭皮環境を悪化させてフケが増えてしまう可能性があります!
では、なにが頭皮に影響を与えるのか?
シャンプーの洗浄剤が刺激を与えて、
乾燥の原因に繋げてしまうんです!
洗浄剤に使われている界面活性剤を、
代表的に知られている名前の物から調べました!

 

 

思わずシャンプーの裏を見て、 何が使われているか確認しに行っちゃいました。 なんと、私が使用しているシャンプーは、 高級アルコール系のものでした…。

低価格だし、いい香りするし、 テレビでCMしてるしって、 私と同じように購入してる人は きっと多いかと思います。

でも調べてみて分かったことは、 まず、シャンプーって洗浄剤だけで こんなに色々成分が違うんだなぁ…と思いました。 きちんと選ばないと、 頭皮を良い状態のまま保つなんて出来ないのかもしれません。

 

乾性フケに有効な成分とは?



界面活性剤の事を理解した上で、
今度は頭皮環境を良くしてくれる成分はどんなものなのか?
成分についての説明をしたいと思います!
頭皮環境改善の成分が配合されたシャンプーを
フケ用のシャンプーとして販売されています。
乾性フケに効くシャンプーは数多く存在しますが、
ひとくくりに乾性フケ用シャンプーといっても、
どれが自分の症状に合っているのか

正直わからないですよね…。

そこで知っておきたいのが、
シャンプーに配合されている成分!
アレルギー体質の人や病気の影響で
肌が乾燥している人の場合、特に気をつけないと
かゆみを生んでしまうかもしれません。
乾性フケに有効な成分の名前と効果を、
求めている内容のものだけでも覚えておくだけで
シャンプー選びの参考になるのではないでしょうか?


ざっと、挙げてみましたが
化粧品に使われている成分が多く、
ほとんどが副作用無しの安全性が高いものばかりでした!
嬉しい作用として、育毛効果が期待される成分が
挙げられた全てに入っていました!
フケのケアをしながら育毛も出来るなんて一石二鳥ですね!

この表を使って、

かゆみがある人はジフェンヒドラミンHCI配合のものを 乾燥が目立つ人は濃グリセリンやクエン酸Na配合のものを 加齢が原因の人はポリフェノール配合のものを… など、頭皮ケアを始める際に役立てて頂けると嬉しいです!

 

乾性フケのケア



乾性の原因を知り、
自分に合ったシャンプーはどんなものなのか
だいたい分かったところで、
そのシャンプーの正しい使用方法や、
ケアの方法を知らないともったいないですよね?
なので、最後は乾性フケのケアを調べていきます!

何度もすみませんが 乾性フケは頭皮の乾燥です。 肌が乾燥すると、かゆみを感じませんか…?

だからシャワーを浴びながら、
ついガシガシガシッ!っと爪を立てて
頭を掻きながら洗った事ありませんか?

…あれ、気持ちいいんですよね! かゆい所をガーッと掻いて洗うのって、 スッキリするし、洗った感があって…。

でも、ダメなんですよね…それ。 フケを出さない為には、 指の腹で優しく洗う事が大切です!

 

正しい洗髪方法とケアの仕方をまとめてみました!

 

1 ブラッシング後、湯洗いをする。

2 1プッシュ分手に取り、しっかり泡立 ててから頭に乗せる。

3 指の腹で地肌をマッサージして、毛穴 汚れを絞り出す。

4 シャンプー残りが無いようしっかりと 洗い流す。

5 オイルで頭皮をパック!しばらく置い たら洗い流して、タオルドライ!

6 髪の毛から10cm以上離した所からドラ イヤーを当ててしっかり乾かす。

知っているようで知らない正しいシャンプーの仕方。
でも、知っておけば頭皮トラブルを避けられます!
正しいシャンプーの選び方の後は、
正しい洗髪の仕方が大切です!
ぜひ参考にしてみて下さい!
5の、頭皮をパックするオイルは
・馬油
・椿油
・バセリン
など、皮脂に近い成分で
角質を保護してくれる役割を持つ物が良いとされています。
コンディショナーやリンスの代わりに
このケアをするだけで、頭皮に潤いが戻ってくるかもしれません!

まとめ

サラサラ、パラパラとした乾いたフケは
誰にでも起こりうる頭皮トラブルでもあるので、
重症化する前にケアしておきたいですよね!

乾性フケに良いシャンプーの種類は『アミノ酸系』

成分は『濃グリセリン・クエン酸Na』など、
頭皮環境の改善を重要視したシャンプーを 正しい洗髪で使用する事!

そして、出来るケアをするだけで
乾性フケを減らして、防止も出来るんです!
フケが治まらなくて悩んだら、
シャンプーを変えることから始めてみても良いと思うので
その参考にして頂けたら嬉しいです!

シャンプー特集

僕のフケが一週間で治まったシャンプー

コラフルを実際に使ってみた感想

 





↓↓フケに悩んだ時間を取り返す記事↓↓